夢色★とらんじっとも~る

三次元写真模型(3D Photo Craft)でつくる街並・乗り物のペーパークラフト&ジオラマ

「プリふれ模型店~紙で作る鉄道ジオラマ第2弾」の店舗と気動車でミニジオラマを作りました!

今回は「プリふれ模型店~紙で作る鉄道ジオラマ第2弾」での店舗と単端を使ったミニジオラマを作ってみました。
以前のエントリでもふれましたが、第2弾には車両も提供されており、しかも走らせない展示用としても作り分けられるようになっていたりもしますので、その意図にまんまと乗ってみようと思った次第です。

2018070301.jpg

サイズはW156×D74×H75mm。100円ショップで売ってるディスプレイケースに収まる大きさです。HOスケールとしてはかなり小さめですが、そこに店と車両(+線路)と停留所(ホーム+待合施設)と盛りだくさんに詰め込んであります。現実世界ではちょっとありえない集積度ですが、なんの違和感もなく収まっているところが、本シリーズの良いところなんだと思います。
2018070307.jpg

停留所は自作しました。いくら建物や車両がコンパクトでも如何せんスペーズが小さすぎますのでホーム長さを最大限確保するためには線路を斜行させる他なく、ホームや待合施設もそれに合わせた形にしなければならなかったからです。
2018070302.jpg

店舗を前に向けるか、停留所側に向けるかちょっと迷いましたが、裏側を統一させる意図で前に向けました。店と停留所との関係性は若干弱くなるものの、店横や停留所裏の処理が楽になりますので... せめてハガキサイズ位あればもう少し色んな遊びようがあるのですが、この大きさ、比率では使いようのない半端なスペースを目立つ場所に作らないようにするだけで精一杯です。

急遽、自動車が置きたくなったのでスバルサンバーのバンを作ってみました。こんな時は、ミゼットなどの軽3輪トラックがお約束なんでしょうがあえて外しました。まあ、実のところは急造するために形の単純な車種を選んだ…というのが真相です。テキスチャもモデリングもかなりテキト~なのであくまでも添景専用ですが...

2018070303.jpg

単端は単体で眺めているより、ここに載せると何故か存在感が増します。車両にしても店舗にしても、写真調でも写実タイプでもない、どちらかというとほのぼのタイプ?のイラストがベースになっているのに、ジオラマ化すると何とも言えない空気感を放って「さも、ありそうな世界」を生み出すのがすごく不思議に思っていたのですが、これって、ジブリアニメや「君の名は。」とかで感じてるリアリティに似ているのでは? ということに気付きました。

2018070304.jpg

2018070306.jpg

ぜひ皆さまにも、この感覚を味わってほしいな~と思いますので、今回、ジオラマ化に必要なパーツを集めたキットを公開するつもりでいます。また、どなたでも作れるよう専門的な材料を使わず、100円ショップで手に入る身近な物だけで造景を行う方法なんかも紹介したいと考えています。
公開時期は、ホームと待合施設をもう少し作りやすくする必要がありますが、7月中には配布を開始したいと考えています。

2018070305.jpg


スポンサーサイト

「プリふれ模型店~紙で作る鉄道ジオラマ第2弾」の単端式気動車にKATOのチビ客車用動力ユニットを仕込む(その2

今回は「プリふれ模型店~紙で作る鉄道ジオラマ第2弾」の単端式気動車を動力化の続きです。

前回のエントリで寸法的にまだゆとりのあるBタイプを先行させましたが、今回はAタイプにチビ客車用動力ユニットを無理矢理詰め込んでみました。

Aタイプは客室部分が45mm、ボンネット部分が約5mmありますので、モーターとギヤボックスを客室内に収め、ボンネットと後部に追加するバケットを支持架にしています。
2018070101.jpg

ボンネットとバケットは車体側に接着されています。動力ユニットは車体妻面の15mm幅の切り欠きで位置が固定されるため、内箱は特になくても動力化は可能ですが、車体だけで動力ユニットの重量を支えるのは非常に心許ないので、内箱で強度を高めています。
なお、ボンネットは高さを縮めないといけないので、モチのパーツは使えません。また、ボンネットだけでは動力やニットの端部をカバーしきれないので、前部デッキも必要になります。

2018070104.jpg

前後に支持架を分散させているためでしょうか? 結果的にBタイプよりもコンパクトな印象になりました!
ただ、当然ながら軸距が異様に長くなってしまうのは致し方ないところです。特にコンパクトに見える分、Bタイプよりもさらに長く感じます。
2018070102.jpg

2018070103.jpg

Bタイプの方も、突起部を客室内に収めて、ついでにバケットをちょっぴり縮めてみました。結果的に前部にも少しはみ出したりと、外観は好みの問題だと思いますが、インナーフレームは格段にシンプルになりました!
2018070111.jpg

2018070112.jpg

2018070113.jpg

「プリふれ模型店~紙で作る鉄道ジオラマ第2弾」の単端式気動車にKATOのチビ客車用動力ユニットを仕込む(その1)

今回は「プリふれ模型店~紙で作る鉄道ジオラマ第2弾」の単端式気動車を動力化してみました。

この展開図では元々、津川洋行製の動力ユニット(TU-TMC100)を使って動力化するよう設計されており、動力ユニットを車体に取り付けるためのパーツが用意されています。この通りにすれば、それほど苦労せずとりあえず走らせることが可能なのですが、今回はあえて手持ちのKATO製チビ客車用動力ユニットを使うことにしました。

実はこの動力ユニットは長さが60mm、一方、単端の客室部分はAタイプが45mm、Bタイプが50mmで、そのままでは収まりません。動力ユニットを縮めるのは論外として、車体本体の形を変えることも避けたいので、足りない分の長さをバケットで補って動力ユニットの支持架にすることにしました。ただし、Aタイプでは客室45mmなのでバケットが15mm分必要になり、著しくバランスが崩れそうなので、同じ方法が使えません。今回はとりあえずBタイプを先行させることにしました。

2018062501.jpg

↓ギヤボックスが車体と干渉しそうだったので、バケット上の荷物を模したカバーを付けてスペースを捻出しました。
2018062502.jpg

↓バケットは車体側でなく内箱(インナーフレーム)と一体になっています。車体側は正面と後面に切り込みを入れてあります。
2018062503.jpg

↓動力ユニットの支持架は結構複雑な構造になってしまいました。実際に作ってみたら、モーターとギヤボックスの突起部はギリギリ45mmあれば収まりますので、バケット上にはみ出させなくても済むようです。
2018062504.jpg

お次はAタイプの動力化です。こちらはBタイプより実質さらに短いのでなかなか大変です。


「プリふれ模型店~紙で作る鉄道ジオラマ第2弾」の単端式気動車Aタイプを作ってみました

今回は「プリふれ模型店~紙で作る鉄道ジオラマ第2弾」単端式気動車Aタイプを作ってみました。

こちらは前に作ったBタイプよりも客室が5mm短かく、幅が4mm広いので、ちょっとずんぐりした印象を受けます。

↓ほぼそのまま組み立てた状態です。ただし、組み立て、取付が面倒(もちろん切り抜きも大変!)なドア手すりは画像に変更し、下回りは先に作ったBタイプと同様に、幅を広げて軸距を詰めたものを内箱方式のスペーサに付けてあります。
2018062001.jpg

2018062002.jpg

↓塗装パターン、ボンネット、ベンチレター、台車を独自のものに変更し、バケットを取り付けたもの。バケットは簡単に作れるようカゴ目を印刷表現にしてみました。技術と根性のある人は1目飛ばし位で切り抜けば凄い細密感が出ると思いますので、公開用はこれで行こうかな?と考えています。
2018062004.jpg

2018062005.jpg

2018062006.jpg

↓ガーランド型ベンチレターは、四隅に折り目を付けて曲げるだけで結構立体感が出ます。あまり小さいものは作れませんが...
2018062007.jpg

↓紙製台車をレールに載せるためのスペーサーを▼からI形に変えました。形は少し複雑になりましたが、位置決めがしやすく確実に接着出来ます。
2018062003.jpg

↓A、B各2両で現在4両が完成! 塗装パターン、ボンネット、ヘッドライ、ベンチレター、バケットの組み合わせで軽く50種類位は作れると思いますが、さすがに根気が続きませんね~
2018062008.jpg


「プリふれ模型店~紙で作る鉄道ジオラマ第2弾」の店舗を改造してたばこ屋を作る

今回は「プリふれ模型店~紙で作る鉄道ジオラマ第2弾」1階建店舗をベースにしてたばこ屋兼日用品店を作ってみました。そのまま組めば駄菓子屋か八百屋になるのですが、今回は車両と建物+αでとりあえずミニジオラマを作ろうと考えていますので、小さな駅前風景になじみやすい何でも屋系業種の店舗にしました。

第2弾の駅以外の建物は第1弾のリニューアル版で、特にこの1階建店舗は間口と壁周りの立体化などさらなる細密化が図られています。大きくなった分、細かくても作りやすくなっています。ただ、今回は先述の通り1軒でジオラマ上に存在させるため、そのイメージに合わせて外観を変えていますので細密化の効果は確認できていません。

このたばこ屋は、第1弾の時に作ったものをベースに、側面と裏口を板壁に変更しています。サイズが大きくなった分、目立つので、オーニングや看板にはヨゴシをかけていますが、写真の写りはあんまり違わない感じです。。
2018061501.jpg

2018061504.jpg

↓側壁には広告看板をたくさん付けました。
2018061502.jpg

↓屋根は独自の棟瓦を付けています。単純に2つ折りのシートを貼り付けるより丸めたものを付けた方が立体感が増します。
2018061503.jpg

目下計画中のミニジオラマは、この店舗を中心的に扱った、小さな停留所前の風景を作ろうと考えています。駅施設は今回も自作の予定です。百円ショップのディスプレイケースに収まるサイズで設計中ですが、HOスケールでこんなことが出来るのは、スケールモデルではあり得ないこのコンパクトさゆえの賜物だと思います。


 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
写真から作るペーパークラフト=三次元写真模型でつくる「乗り物のある風景」
ちょっと変わった”模型趣味”の世界をご紹介します!
(公開展開図の入手は↓のインデックから)

カテゴリ

インデックス (1)
未分類 (0)
00このブログについて (3)
01作品 (128)
011ペーパークラフトジオラマ (42)
012車両 (53)
013駅舎・建物 (19)
019その他 (13)
02工作 (58)
021クラフトロボ (8)
022レーザ加工機/3Dプリンタなど (9)
03実物 (2)
04イベント (4)
99その他 (29)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧


ホビーショップF-turnブログ ペーパーレイアウトver.2.1?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん