夢色★とらんじっとも~る

三次元写真模型(3D Photo Craft)でつくる街並・乗り物のペーパークラフト&ジオラマ

「プリふれ模型店~紙で作る鉄道ジオラマ第2弾」の単端式気動車Aタイプを作ってみました

今回は「プリふれ模型店~紙で作る鉄道ジオラマ第2弾」単端式気動車Aタイプを作ってみました。

こちらは前に作ったBタイプよりも客室が5mm短かく、幅が4mm広いので、ちょっとずんぐりした印象を受けます。

↓ほぼそのまま組み立てた状態です。ただし、組み立て、取付が面倒(もちろん切り抜きも大変!)なドア手すりは画像に変更し、下回りは先に作ったBタイプと同様に、幅を広げて軸距を詰めたものを内箱方式のスペーサに付けてあります。
2018062001.jpg

2018062002.jpg

↓塗装パターン、ボンネット、ベンチレター、台車を独自のものに変更し、バケットを取り付けたもの。バケットは簡単に作れるようカゴ目を印刷表現にしてみました。技術と根性のある人は1目飛ばし位で切り抜けば凄い細密感が出ると思いますので、公開用はこれで行こうかな?と考えています。
2018062004.jpg

2018062005.jpg

2018062006.jpg

↓ガーランド型ベンチレターは、四隅に折り目を付けて曲げるだけで結構立体感が出ます。あまり小さいものは作れませんが...
2018062007.jpg

↓紙製台車をレールに載せるためのスペーサーを▼からI形に変えました。形は少し複雑になりましたが、位置決めがしやすく確実に接着出来ます。
2018062003.jpg

↓A、B各2両で現在4両が完成! 塗装パターン、ボンネット、ヘッドライ、ベンチレター、バケットの組み合わせで軽く50種類位は作れると思いますが、さすがに根気が続きませんね~
2018062008.jpg


スポンサーサイト

「プリふれ模型店~紙で作る鉄道ジオラマ第2弾」の単端式気動車を作ってみました!

ブラザー販売さんが無料配布している「プリふれ模型店~紙で作る鉄道ジオラマ」シリーズ。早速、第2弾のコンテンツを作ってみました! ここ半年以上ずっとこのシリーズを追いかけて来ていますが、さすがに集中力が続きませんので、間に別の題材を挟みながらボチボチやっていこうと思います。

第2弾のお試しは、このシリーズの目玉コンテンツである単端式気動車から順当にはじめてみました。
単端式気動車はAとBの2種類あって、Aタイプは西大寺鉄道(正式には鐵道)のキハ3~5辺りを彷彿とさせる、いかにも梅鉢っぽい、ちょっと古めかしい車体。BタイプはおそらくはAタイプを更新近代化した…と想像させる少し新しめの車体となっています。
今回は、丸屋根の仕上がりを確認したかったのでBタイプの方をまず作ってみることにしました。

今回のシリーズもこれまで同様、非常に細かい作り込みがされていて、車両も塗装パターン、ウェザリングの有無の作り分けが出来るようになっている上に、ドア手すりや運転台、座席(窓空け前提のオプション)が付けられるようになっています。

↓ほぼそのまま組み立てた状態です。ヘッドライトは以前作ったものがありましたので流用して立体化しました。
車内は今回は見送りましたが、内壁を何らかの方法で着色すれば見栄えするだろうな~と思います。ドアや窓を一部開放状態にするとか色々な演出が考えられます。内側の着色は印刷した展開図から車体と屋根の位置を割り出して、そのおおよその範囲の矩形を内装色にしたデータで裏面を印刷するのが手っ取り早いと思います。範囲を大きめにしておけば精度を気にする必要もありませんので簡単でしょう。

2018060701.jpg

2018060703.jpg

↓単端には必須アイテム?のバケットを付けてみました。カゴを切り抜きで表現するのはなかなか大変で、組み立てに手こずりました。もう少し簡単に扱えるものを強化パーツ(展開図)として公開しようと考えています。ライトを頭の上に、ベンチレターを立体にしてあります。

2018060702.jpg

実物に換算すると小ぶりなワンボックスカー位の大きさで、建物も小さいのでバランスが取れていると思います。
ただ、「ここは何でこうなったの?」と思う困った点がいくつかありましたので、ここで挙げておきたいと思います。

まず車体に関してですが、この展開図の構造では屋根を位置決めして圧着出来ません。上から乗せる形になるため、屋根を車体と密着させるのは非常に難しいと思います。屋根を先に貼ってから床を付けた方が少しやりやすいように思いますが、どちらにせよ難度は高いです。

次に、下回りに関してですが、こちらはちょっと問題多めです。まず、紙製台車の幅が8mmしかないので、レールの間に挟まってしまい、平場に置いた場合でも見た目のバランスが不自然です。それと、動力化した際の台車のイメージが用意されていないことも気になります。(これに動力を仕込もうという人には要らぬ心配かも知れませんが...)
あと、これは個人の好みの問題ではありますが、紙製台車の軸距が長すぎる気がします。推奨動力ユニット(TU-TMC100)の軸距とも合っていないし、何でわざわざこの長さにしたのか不思議なところです。

これらに対するウチでの対策は、屋根については提供されている床パーツを使用せず、内箱を嵌める方式に変更して、屋根と車体を先に接着出来るようにしました。車内を作る場合はこの方法は採れませんが。
因みに、当ブログで配布している自由形単端はこの方式を採用しています。
2018060705.jpg

また、台車は幅を12mmに広げ、レールに載せられるように車輪の部分にスペーサを付けました。
2018060706.jpg

動力ユニット用台車パーツについては、当方ではこの推奨製品(TU-TMC100)を使う予定がないため具体的な対策は検討していませんが、紙製台車を活用するのが現実的かな?と思います。ただ軸距が異なっていたりもするので、幅の件と合わせて展開図の改訂を期待したいとところです。
なお、うちではKATO製チビ客車用動力ユニットを無理矢理収めようと目論んでいます。まあ、このTU-TMC100も価格的にバカ高いわけでもなく、入手性も悪くない(ヨド通で買える!)ので一つ買ってみても良いか~とも思っていますが。

↓軸距を推奨動力ユニットの24.7mmに合わせた紙製台車を作ってみました。鉄道車両としては、バランス的にこんなものだろうと思いますがいかがでしょうか? まあ、ナローの世界は何でもアリ!なので、あくまでも好みの問題としてですが...

2018060704.jpg

キハ04とキハ30型気動車(Nスケール ショーティータイプ)

久しぶりの更新です!
カッティングプロッタの自作カット台紙が、すでに3~4年使っているのでボロボロで、今までだましだまし使っていたものの遂に限界に達してしまいました。今回から新設計のものにしようと思ったのが間違いで・・・ ついつい作るのが面倒になって、新しい作品も切り出せないままこの時期になってしまいました。

今回はショーティタイプの気動車2種。キハ30とキハ04。
昨年末から作っていた、ブラザー販売さんが無料配布しているストラクチャ群を使ったミニレイアウトで走る予定の車両です。どちらもKATOの小型電車用動力ユニットを履かせるようになっています。

↓キハ30ショーティ 
2018050202.jpg

↓キハ04ショーティ
2018050201.jpg

次回は、いよいよこの長~い連作の締めくくりとなる駅舎を予定しています。


弘南鉄道デハ6000形電車(Nスケール ショーティータイプ)

今年の夏は。見かけのデータ以上に体には堪えました! しつこい夏風邪をひいたこともあってモチベーションだだ下がりで、こちらもひと月近く放置状態にしてしまいました。

さて、気を取り直して、遅々の夏休み明け第一弾は、リハビリも兼ねて軽めのショーティー電車から。
弘南鉄道デハ6000形のショーティータイプです。

2017091201.jpg

元々、展開図を無料公開中の平川鉄橋ペーパークラフトジオラマのオプションとして作ったもので、元は一体型ですがそれを上下別パーツ化してベンチレターとパンタを付けたものです。

↓KATOの小型電車用動力ユニットを履かせてみました。こちらは台車の違和感もデハ7000形と比べればそれぼ大きくないようですね。

2017091202.jpg

涼しくなって来るにしたがい、減退していた創作意欲や集中力も徐々に戻ってきました。秋はこの手の創作活動にはベストシーズンなんでしょうね~!


弘南鉄道デハ7000形電車(Nスケール ショーティータイプ)

先日公開しました鉄橋ミニジオラマに付属するデハ7000形電車の展開図を流用したものです。あちらは作りやすさを最優先したため一体型にしてありますが、寸胴、凹凸なしではちょっと物足りないのもたしかです。先日作った京阪600形と同じように、下回りと屋根上を別パーツにしてメリハリを付けてみました。

まずは下回りもすべて紙製のディスプレイモデルタイブ。
2017070503.jpg

やはりベンチレターとパンタが立体になると見栄えがします。しかし、このスケールでこれらのパーツの切り出し、組み立てを行うのはなかなかハードルが高いと思います。

2017070502.jpg

続いて動力ユニットやNゲージ用台車を仕込んだモーターライズドタイプ。
2017070511.jpg

KATOの小型電車用動力ユニットを使いましたが、急行電車用なので台車の印象が大きく違いますね~ せめて通勤用なら少しはマシかとも思いますが、パイオニア台車は個性的過ぎるので難しいところです。
ひょっとしたらバンダイ製動力ユニットのむき出しの車輪をうまく使うと雰囲気が出せるかも知れません。次は、この展開図を流用して水間鉄道の1000形を作るつもりなので、そちらで試してみようと思っています。

2017070512.jpg

2017070513.jpg

まあ、台車のことはともかく、寸足らずの小さな電車がちょこまか走る姿は本当に可愛いものです。TOMIXのスーパーミニカーブレールとガーター橋を利用してA3~B4サイズのマイクロレイアウトを作るのも悪くないな~と思います。今までに作った橋脚や駅をそのまま使えば簡単に出来そうな気がします。



 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
写真から作るペーパークラフト=三次元写真模型でつくる「乗り物のある風景」
ちょっと変わった”模型趣味”の世界をご紹介します!
(公開展開図の入手は↓のインデックから)

カテゴリ

インデックス (1)
未分類 (0)
00このブログについて (3)
01作品 (127)
011ペーパークラフトジオラマ (41)
012車両 (53)
013駅舎・建物 (19)
019その他 (13)
02工作 (56)
021クラフトロボ (8)
022レーザ加工機/3Dプリンタなど (9)
03実物 (2)
04イベント (4)
99その他 (29)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧


ホビーショップF-turnブログ ペーパーレイアウトver.2.1?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん