夢色★とらんじっとも~る

三次元写真模型(3D Photo Craft)でつくる街並・乗り物のペーパークラフト&ジオラマ

宇都宮市街の建物と関東自動車バスのペーパークラフト(Nスケール)

私の場合、ペーパークラフトを作るためにはまず元になる写真が必要になります。これは基本的に自分で撮影してくるのが原則なのですが、便利な世の中になったもので、よそから画像をいただいて来て作ることも可能です。
現場に一度も行かずに作る、まさに「安楽椅子クラフト」です。
その中でも建物を作るのに便利なのがGoogleの3Dモデルデータライブラリ=「3Dギャラリー」です。”Google Earth”で使用する建物データが大半を占め、それこそ世界中の建物が集められていますが、日本の建物も数多くあります。
私の場合、元々"Google Sketch Up"というソフトで3Dモデルを作り、それを「ペパクラデザイナー」というソフトで展開図化していますので、ここで配布されているGoogle Sketch Up形式のデータがそのまま使えるメリットもあります。
ただしそのまま無加工で展開図になることはまずありません。作者の方もまさか自分のデータがペパクラになるとは夢にも思っていないでしょうから無理もない話ですが、一般的に細かすぎて組み立て不可能なことが多いため、形状を単純化し、逆にちょっととしたことで立体感が増すオーニングとかテント看板、袖看板等を追加します。
また、あまり大きな建物は向きません。高縮尺ならさほど問題ありませんが、少なくとNスケール程度だと仮に20階建でも高さが40~50cmになり、通常はプリントアウトが難しくなりますし、大きくなればなるほど写真のリアリティも失せます。

今回は、宇都宮の街並をデータ化されている方のコレクションからいくつかをペーパークラフト化させていただきました。
比較的中小建築物が多く、それらひとつひとつが丁寧に作られているので展開図化する際の加工が容易です。
3Dギャラリーから作ったペパクラ01

これらは実際に宇都宮の市街地に実在する建物だそうですが、こういう「ありふれた建物」が現実感を与えてくれるのだと思います。
3Dギャラリーから作ったペパクラ02

3Dギャラリーから作ったペパクラ0103


折角なので地元を走る関東自動車の路線バスも置いてみました。
こちらもバスのサイドビュー写真を公開されているWEBサイトからいただいてきたものです。実は私は一度も宇都宮へ行ったことがありませんが、それでも街並が作れてしまうところが何か凄いことのように思えます。
3Dギャラリーから作ったペパクラ04

3Dギャラリーから作ったペパクラ0105

あと、Googleのストリートビューから建物が作れないかと考えていますが、こちらも近日中にチャレンジしてみましょう。
 
 
 
スポンサーサイト

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
写真から作るペーパークラフト=三次元写真模型でつくる「乗り物のある風景」
ちょっと変わった”模型趣味”の世界をご紹介します!
(公開展開図の入手は↓のインデックから)

カテゴリ

インデックス (1)
未分類 (0)
00このブログについて (3)
01作品 (106)
011ペーパークラフトジオラマ (38)
012車両 (48)
013駅舎・建物 (11)
019その他 (8)
02工作 (55)
021クラフトロボ (8)
022レーザ加工機/3Dプリンタなど (9)
03実物 (2)
04イベント (4)
99その他 (26)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧


ホビーショップF-turnブログ ペーパーレイアウトver.2.1?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん