夢色★とらんじっとも~る

三次元写真模型(3D Photo Craft)でつくる街並・乗り物のペーパークラフト&ジオラマ

3Dプリンタで作ったミニ旋盤は果たして使い物になるのか?

「旋盤」。中学生の頃に読んだライブスチーマーの作り方解説本の影響で、私の中では憧れの工作機械! さすがに大人になって少し賢くなって、それが素人に簡単に扱えるシロモノではないことを知って、少し熱が冷めましたが、それでもPROXONのウッドレースや中国製の万能工作機ユニマット類似品なんぞを見かけると、未だに食指が動いてしまいます。
それが、先日、3Dプリンタの情報を調べていて偶然見つけたのが、何と「3Dプリンタで出力したパーツで組み立てたミニ旋盤」~「Printable Lathe V2」です。

公開されて既に2年位経っていますが、日本の方でこれを組み立てて使ってみた人はまだいらっしゃらないようです。

公式配布サイト↓
https://github.com/Intrinsically-Sublime/Printable-Lathe-V2

本体+チャックデータ↓
http://www.thingiverse.com/thing:12472/#instructions

a13082403.jpg

DLしたデータを「123D Design」をインストールした時に同時にインストールしたSTLビューワで表示してみました↓
p13082401.jpg

実際に動いている様子の動画がありました↓


動画を見てると、ガタつきのある動作音がして、昔あったプラモデルの電気ドリルを思い出しました。まあ、木やプラ棒相手で、切削工具が使いやすそうなので、ドリルレースよりマシかな?という感じですが、実際に作って使ってみないと本当のところは判りませんね~

スポンサーサイト

コメント

FDMではむりっぽいですねぇ

精度が求めらるモノはFDMでは無理でしょうねぇ

粉末焼結ならいけると思いますが、

趣味で粉末焼結型式の3Dプリンターを持っている人はいないでしょうしねぇ

Re: FDMではむりっぽいですねぇ

コメントありがとうございます!
いくつか動画を見ましたが、精度もですが、
強度も心配な感じですね?
Tantillusの作者によるものなのでFMD想定とは
思いますが、Tantillusもジョイントが上手く出力
出来ないとか情報がありますので、セッティング
が非常にシビアなのかも知れません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://peparama.blog22.fc2.com/tb.php/135-081a36c7

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
写真から作るペーパークラフト=三次元写真模型でつくる「乗り物のある風景」
ちょっと変わった”模型趣味”の世界をご紹介します!
(公開展開図の入手は↓のインデックから)

カテゴリ

インデックス (1)
未分類 (0)
00このブログについて (3)
01作品 (110)
011ペーパークラフトジオラマ (39)
012車両 (49)
013駅舎・建物 (11)
019その他 (10)
02工作 (55)
021クラフトロボ (8)
022レーザ加工機/3Dプリンタなど (9)
03実物 (2)
04イベント (4)
99その他 (26)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧


ホビーショップF-turnブログ ペーパーレイアウトver.2.1?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん