夢色★とらんじっとも~る

三次元写真模型(3D Photo Craft)でつくる街並・乗り物のペーパークラフト&ジオラマ

クラフトロボ用自作カッティング台紙の改良

久しぶりにクラフトロボ用のカッティング台紙を新作しました!
うちでは専らファイルフォルダに弱粘着性のスプレー糊を吹いた自作台紙を愛用しておりますが、これがなかなか調子良くて、たいしてキズもつかず、粘着力がなくなれば再スプレーすればまた使えるようになるため、最初に作った3枚で丸2年間使えています。
ただ、何回もスプレー糊を吹き重ねた結果、中に挟んであるグリッドを印刷した紙が見えなくなってきて、もちろんクリーナーで掃除すれば問題ないものの、5枚100円のファイルフォルダよりもクリーナーの方がよほど高価であることに気付いて、今回新作することにしました。

せっかくの新作ですので従来型をそのまま作るのではなく改良型にしました。
実は従来型のものはサイズを純正台紙(220×335mm)に合せているのですが、ローディングの度に位置が一定せずその都度迷い、トンボ読み取り時にエラーが出ることがあったりと、使いづらい面がありました。また、メディア(用紙)を台紙に挟んだ紙のグリッドに合せて貼り付けますが、これが結構微妙で特に表面の汚れが酷くなってくるとかなり面倒になってきます。
そこで、今回は台紙幅をロボ本体に記されているガイド線の最大幅である240mmにして、表面をA4サイズに切り抜いて、メディアを定位置にはめ込めるようにしました。

p14042901.jpg

ファイルフォルダはダイソーの「クリアホルダーB4」(5枚入り)を使い、補強のため同じクリアホルダーを切り開いたPPシートを挟んであります。接着は「額」に相当する部分はPP用接着剤。他は両面テープとスプレー糊で固定してあります。メディアの貼り付けに便利かな?と枠を印刷したコピー用紙を1枚挟みましたが、この場合あまり意味がないというか、かえってズレが生じて見苦しいものになっているようです。

p14042902.jpg

テストの結果は上々です! 
台紙、メディアのセットが容易になったのも大きいですが、メディアをはめ込むことで横方向へのズレに対する安心感が増し、より小さな粘着力で固定出来る点が最大のメリットかな?と思います。
実のところ、純正台紙のサイズから想像して正常に動作しない可能性も疑って、最初は1枚だけ作ってみたのですが、安心して量産出来そうですね~


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://peparama.blog22.fc2.com/tb.php/155-f5d11779

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
写真から作るペーパークラフト=三次元写真模型でつくる「乗り物のある風景」
ちょっと変わった”模型趣味”の世界をご紹介します!
(公開展開図の入手は↓のインデックから)

カテゴリ

インデックス (1)
未分類 (0)
00このブログについて (3)
01作品 (114)
011ペーパークラフトジオラマ (39)
012車両 (50)
013駅舎・建物 (11)
019その他 (13)
02工作 (55)
021クラフトロボ (8)
022レーザ加工機/3Dプリンタなど (9)
03実物 (2)
04イベント (4)
99その他 (26)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧


ホビーショップF-turnブログ ペーパーレイアウトver.2.1?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん