夢色★とらんじっとも~る

三次元写真模型(3D Photo Craft)でつくる街並・乗り物のペーパークラフト&ジオラマ

500ドル以下のコンパクトなレーザーカッターがKickStarterに登場!

近くに使わせてもらえる場所があるだけでも有り難いのですが、小物を思いつきでカットするにはさすがに大仰で、ワークエリアや速度には目をつぶるからウチにもレーザーカッター欲しいなあ~!と思うのが人情というもの。
動作原理が呑み込めて、改造用部品の作成がある程度可能になった今となっては、安価な中華レーザーを多少の改造で利用出来るようにすることも可能かと思いますが、あの巨大な図体だけはどうにもなりません。
構造面から見ればレーザーカッターのメカは3Dプリンタのそれと比べてはるかに単純なので、導光機構を持たない半導体レーザーを採用したものならもっとコンパクトに出来るはずなのですが、なかなかそういう製品は現れてきませんでした。
せめてA4サイズの厚紙や2mm以下のプラ板が切れて、昔のカラースキャナー位の大きさのがあったらな~と思っていましたら、まさに希望通りのものが出てきました~!

p14050801.jpg

筐体のないフレーム構造なので、およそレーザー加工機らしからぬ外観になっています。
価格はジュニア(A4対応)が499ドル、シニア(A2対応)が599ドル。いずれも組立キットでの提供となっていて現時点で完成品は設定されていない模様です。

詳細は…↓(英文)
https://www.kickstarter.com/projects/mrbeam/mr-beam-a-portable-laser-cutter-and-engraver-kit
p14050802.jpg

気になる出力は標準で赤色半導体レーザー200mW、50ドル追加で1000mWの青色にアップグレード可能だそうです。
まあ、200mWでは何とも心許ないので1000mWへのアップグレードは不可欠かと思いますが、それでも薄い紙や樹脂板がせいぜいのところでしょうね~ 理想を言えば最低3000mW(3W)は欲しいところですが、残念ながらこのままの仕様では電源や制御系が耐えられないようです。
ちなみに、RepRap互換3Dプリンタのリソースを活用した製品とのことで、カットデータはG-CODEで供給します。また、全体の制御はRaspberrt PI(Type B)が行っていますが、スタンドアロン動作が可能か否かは未確認です。

スポンサーサイト

コメント

動画

メーカーの紹介動画が手作り感満載で好ましいですね。試してみたくなります。

Re: 動画

hideta-oさん>
フレームが木(コンパネ)で出来ているのも面白いというか、大丈夫かいな?とちょっと心配になりますね~
何か自分でも作れそうな気がしますね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://peparama.blog22.fc2.com/tb.php/156-d9e6a7ed

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
写真から作るペーパークラフト=三次元写真模型でつくる「乗り物のある風景」
ちょっと変わった”模型趣味”の世界をご紹介します!
(公開展開図の入手は↓のインデックから)

カテゴリ

インデックス (1)
未分類 (0)
00このブログについて (3)
01作品 (115)
011ペーパークラフトジオラマ (39)
012車両 (50)
013駅舎・建物 (12)
019その他 (13)
02工作 (56)
021クラフトロボ (8)
022レーザ加工機/3Dプリンタなど (9)
03実物 (2)
04イベント (4)
99その他 (26)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧


ホビーショップF-turnブログ ペーパーレイアウトver.2.1?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん