夢色★とらんじっとも~る

三次元写真模型(3D Photo Craft)でつくる街並・乗り物のペーパークラフト&ジオラマ

岡電版 「たま電車」(7100形)ペーパークラフトを大きくしてみる

前回のエントリの続きで、同じ展開図を拡大出力して大きなサイズのものを作ってみました。
サイズはHOスケール(87分の1)です。走らせるつもりもないので100でも50でも何でも良いと思うのですが、この辺は”悲しい性(さが)?”ですね~

Nゲージサイズ(150分の1)と比べると切り抜きは圧倒的に易しいですが、組み立てはその分精度も必要になるのでそれほど変わりません。ただリトライがある程度利くことや多少は誤魔化しが利くので気分的には気軽に作業できます。

HOサイズとNゲージサイズの比較↓
同じ展開図を172%に拡大したものです。ただしクーラーだけは曲線のあるカマボコ型のものに変更してあります。(うっかり取り付け方向を間違ってしまいました...)
おかでん版たま電車HOバージョン(比較)

HOサイズバージョンのアップ↓
折り線が鮮明に出るのでこういう形状の車体ではシャープさが出ますが、丸みの強い車体ではカクカクして印象が変わるかも知れません。
おかでん版たま電車HOバージョン3

やはり石津式パンタグラフには苦戦しました。根本的に構造を考え直す必要がありそうです。
おかでん版たま電車HOバージョン2

当然のことですが、大きい分撮影はしやすいです。寄ってもアラ?が出にくいですしね~
おかでん版たま電車HOバージョン4

結論を言えば、そのまま目伸ししたようなものでも割と見られるのだな…というところです。写真ベースの特徴もこのぐらいのサイズまでならそれほど損なわれていないようですし。
率直なところ、組立てた車体を手に取って眺める時の満足感みたいなもの(さすがに重量感はありませんが…)はNゲージサイズのものと比べものになりませんでした。

ただ、私の個人的な好みから言えば、こういうものは情景の中にあってこそ(と言うか情景の一要素としてはじめて…)リアリティが生まれるし、簡単に走らせることに価値があるのだと思いますので、トータルな評価はやはりNゲージサイズの方にポイントを与えたいと思います。
ハガキ1枚のサイズでもそれなりの「世界」が創れ、パワートレイン、アクセサリー、素材類の豊富なリソースが使えるのはやっぱり魅力ですね~!
まあ、この「たま電車」みたいに車両単体でも「絵」になるケースでは今後、大型版も作ってみることにしましょう。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://peparama.blog22.fc2.com/tb.php/22-a4c206b0

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
写真から作るペーパークラフト=三次元写真模型でつくる「乗り物のある風景」
ちょっと変わった”模型趣味”の世界をご紹介します!
(公開展開図の入手は↓のインデックから)

カテゴリ

インデックス (1)
未分類 (0)
00このブログについて (3)
01作品 (110)
011ペーパークラフトジオラマ (39)
012車両 (49)
013駅舎・建物 (11)
019その他 (10)
02工作 (55)
021クラフトロボ (8)
022レーザ加工機/3Dプリンタなど (9)
03実物 (2)
04イベント (4)
99その他 (26)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧


ホビーショップF-turnブログ ペーパーレイアウトver.2.1?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん