夢色★とらんじっとも~る

三次元写真模型(3D Photo Craft)でつくる街並・乗り物のペーパークラフト&ジオラマ

南海電鉄(旧大阪軌道線) モ205形ペーパークラフト

実車はワンマン化が難しいことを理由に末期の平野線に集められ、大半が同線の廃止と運命を共にしました。(一部、ワンマン化されて阪堺電軌成立後も活躍した車両もあります)
元々、今回のペーパークラフトのトラム(ペーパートラム)に嵌る前に鉄道コレクション12m車用動力ユニットを使って走らせようと計画していたものです。思ったよりも車輪径が大きくて低床車の感じが出ず実車のイメージと違ったため、ほとんど完成状態で半年間ほど眠っていた展開図を流用しました。
(実際は高床式の205形も初期に存在していましたが…)

501形601形と同じサイズにしてしまうと並べた時に折角の小型車のイメージが損なわれてしまいますので、いつもの「小形車両用動力ユニット」ではなく2軸の「チビ客車用動力ユニット」を用い、カプラー、緩衝器、手摺り、ステップ等もすべて取り去って全長が60mm強になるようにしました。他車と並ぶと余計にそう見えますが、古めかしくて寸足らず…というところがなかなか可愛いです。
実車の約3分の2ショーティーモデルになっています。

30年近く前に消滅してしまった古い車両ですので写真を集めるのが大変でした。一部の部品はモノクロ画像を着色したものを使っています。
とにかく写真であればどんな古いものでも何とかなりますし、最悪、他の似た部分を接ぎ合わせる…という反則技?も使えます。(最後の奥の手としてはフォトリアルな三次元CGを描き起こす方法もありますが…)

まずはお約束のモーターライズドバージョン↓
台車や床下機器の絵を残して2軸の動力ユニットが見えないようにしてあります。
南海205形(Motorlize)

ディスプレイモデルバージョン↓
こちらは台車と床下機器を別パーツで表現しています。
塗色や旧型車の形状のせいか寸足らずなのに妙にリアル?
南海205形(Display)

南海305形(Display その1)

現存する風景だけでなく今はもう見られない過去の風景を再現するのも楽しいと思います。特に写真も残らない「記憶の中だけの風景=想い出」を表現できたら最高です。技術的には格段に難しいですが...

南海305形(Display その2)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://peparama.blog22.fc2.com/tb.php/9-59ff5617

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
写真から作るペーパークラフト=三次元写真模型でつくる「乗り物のある風景」
ちょっと変わった”模型趣味”の世界をご紹介します!
(公開展開図の入手は↓のインデックから)

カテゴリ

インデックス (1)
未分類 (0)
00このブログについて (3)
01作品 (114)
011ペーパークラフトジオラマ (39)
012車両 (50)
013駅舎・建物 (11)
019その他 (13)
02工作 (55)
021クラフトロボ (8)
022レーザ加工機/3Dプリンタなど (9)
03実物 (2)
04イベント (4)
99その他 (26)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧


ホビーショップF-turnブログ ペーパーレイアウトver.2.1?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん