夢色★とらんじっとも~る

三次元写真模型(3D Photo Craft)でつくる街並・乗り物のペーパークラフト&ジオラマ

ペーパークラフトによるオリジナル商品開発を考える

実はこのような写真ベースのペーパークラフトを作り始めてそろそろ丸5年になります。
コトの発端は当時関わっていたとある鉄道会社の周年イベントの実施計画でコンテンツがちょっと物足りない…と言うことになって、予算も時間も残り少なくなった中で手軽にネタを増やす方法として思いついたものです。
もちろん日本じゃ大半のペーパークラフトが無料で配布されていて、そのレベルもかなり高いので、ただ単に作れば何でも売れる…と言うほど甘くはないですが、アイデアと題材次第で、メデイア上ではBトレや鉄コレと同等の存在感や話題性を作り出すことも可能です。
上の周年イベントの時は、実物の写真をテクスチャに利用してスケールモデルの雰囲気を出すことで「商品価値」を創ろうとしたのですが、売れ行きの方はともあれ、たしかによくある繊画イラストのものとは全く別物に見えたので、誰よりも作った本人が一番感動して、以来同じ手法で作り続けて今に至っているわけです。

写真ベースのペパクラ第1号↓ この時は大型レイアウト用のストラクチャモドキ?もいくつか作ったのでどれが最初かは厳密には覚えていないのですが…
p12051301.jpg

さすがに5年も続けているとある程度経験則みたいなものも身についてきましたが、せっかくなのでこの技術を使って、日本の公共交通機関、とりわけ存亡の危機にあると言っていい地方の中小公共交通機関に少しでも手助けが出来れば良いなと考えています。
また、最近いわゆるネット印刷が急速に普及して、いつでも、どこにいても、個人・法人を問わず誰であっても。版下データさえ用意出来れば、小ロットでもカラーコピー並あるいはそれ以下のコストでカラーコピーをはるかに上回る品質の印刷物が手に入るようになりましたので、その意味でもペーパークラフトを用いたオリジナル商品開発は非常にやりやすい時代だと言えます。

まあ、成否のポイントはアイデアと題材選びに尽きるだろうと思いますが、込込200~300円の紙+出力代実費…と言うならいざ知らず、ただの車輌単体で数百円以上の単価設定はキツいと思います。その交通機関の特徴的なシーンを表現したたペーパークラフトジオラマとか、時代や系列で複数の車輌を選び出してカタログのようにするとか、あえて単体で高細密モデルにするなどが考えられます。
また、復刻とか復元ものは一般的に売れやすい傾向があります。バス会社でかつて鉄道路線を有していたような場合ならその鉄道の車輌や駅等をペーパークラフト化すればマスコミの話題にも乗せやすいです。同じように昔の塗装や幻の車輌を復元!といった展開も話題になりやすいでしょう。他には、広告ラッピング車をクライアントサービスの一環として後の販売を条件にペーパークラフト化して進呈。後日、何種類かまとめて商品として販売したり、ペーパークラフトの組み立てワークショップやペーパークラフトジオラマ制作ツアー(実際に現地へ行って写真を撮りペーパークラフトと組み合わせてジオラマ化する講座のようなもの…)等も考えられます。

↓簡単なものでもペーパークラフトジオラマ化すると何かリアリティが増す気がするのは不思議です。下の典型的な量産型のミニジオラマと比べてみても、少なくとも写真写りはむしろこちらの方が上のような気もしますが、何にしても開発コスト、商品原価の差ほどの違いは感じませんね...
p12051302.jpg

p12051303.jpg

また、展開図を作る立場から言うと作りやすいのは圧倒的に車輌で、通常建物はその10倍以上手間がかかります。車輌では、車庫等で写真が撮れるのであれば形状がシンプルで車体が短い(たいてい側面がワンショットで収まる…)バスの方がより簡単ですが、沿道等で撮影しなければならない場合は両側面を同時には撮影出来ないのでちょっと大変なことになります。この辺は誰が制作する場合でも時間やコストに大きく影響する要素ですのでよく考える必要がありますが、最初は車輌+代表的沿線風景等のペーパークラフトジオラマキットあたりから手を付けて、売れ行きを見ながらシリーズ化したり別系統のものを加えていき、既刊がいくつかまとまった段階で複数車輌+車庫とか、過去の車輌を加えた車輌集にするとか、既存資源を最大限に有効活用するような基本戦略となるのでしょう。

↓A4サイズの展開図1枚にギリギリ収まるペーパークラフトジオラマはだいたいこのぐらいの規模のものになります。印刷コストから見た時はこれ位が最もベーシックな最小コストの商品と考えていいでしょう。
p12051501.jpg

全国の公共交通機関の皆さま。一般的なペーパークラフトとは見た目が異なるオトナ向けのペーパークラフトで、ちょっと目先の変ったオリジナルグッズを一度検討してみてはいかがでしょうか!
各社の個性が表現出来る本当の意味での「オリジナル商品」が創れると思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://peparama.blog22.fc2.com/tb.php/97-7af37698

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
写真から作るペーパークラフト=三次元写真模型でつくる「乗り物のある風景」
ちょっと変わった”模型趣味”の世界をご紹介します!
(公開展開図の入手は↓のインデックから)

カテゴリ

インデックス (1)
未分類 (0)
00このブログについて (3)
01作品 (114)
011ペーパークラフトジオラマ (39)
012車両 (50)
013駅舎・建物 (11)
019その他 (13)
02工作 (55)
021クラフトロボ (8)
022レーザ加工機/3Dプリンタなど (9)
03実物 (2)
04イベント (4)
99その他 (26)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧


ホビーショップF-turnブログ ペーパーレイアウトver.2.1?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん