夢色★とらんじっとも~る

三次元写真模型(3D Photo Craft)でつくる街並・乗り物のペーパークラフト&ジオラマ

熊本市電5000形電車ペーパークラフト(展開図/組立説明)

Sorry, This paper model is N scale,not HO scale.

当プログ初のNスケール電車の公開展開図です。
これまでも展開図の公開をご要望いただきながらずっとお断りしてきました。実のところ、150分の1ともなると切り出し、組立てが格段に難しくなるからです。
今回のこの作品も正直、難度は高めですが、工作精度に応じてそれなりに見えるよう工夫したつもりです。お楽しみいただけましたら幸いです。

p15083001.jpg

展開図のダウンロードは↓
KumamotoCityTram_Type5000[N].zip(844KB)

■印刷・用紙
印刷はA4用紙で「実際のサイズ」で出力してください。
用紙はハガキより少し薄いぐらいの紙が扱いやすいです。上質紙(最厚)やコクヨやサンワサプライ、エレコム等から発売されているインクジェット用厚紙用紙がお薦めです。
縦目の紙(縦長の時に丸めやすい紙)に最適化してあります。

■道具
・ハサミ(細かい作業が出来るもの)
・鉄筆、スタイラス(プラ製ピック、竹串等でも可)
・定規(15cn以上のもの)
・接着剤(木工用ボンド、酢酸ビニル樹脂系接着剤を推奨)
・つまようじ、竹串(接着用、丸め用に使用)
・その他、カッター、ピンセット、カッティングマット、黒油性ペン等を併用すると便利です。
・ハサミ、カッター、先の尖ったもの、接着剤の取り扱いは十分注意して怪我や事故のないよう作業を進めてください。

■組立
1) 出力した展開図は十分感想させた上で、すべての必要な折り筋を入れます。鉄筆や手芸用スタイラスが使いやすいですが、普通はないと思いますので、お弁当等で使うプラ製のピックや竹串を使ってください。代用品だと結構力を入れないとちゃんとスジが入らないと思いますが、あまり力を入れすぎて紙を破らないよう注意。プラ製ピックは鉛筆削り器で先を尖らせると使いやすくなります。

2) パーツの切り出しをします。すべてハサミで切り出せるようになっていますが、長い直線や細かい部分はカッターを使った方が正確かつ楽かも知れません。

3) 妻面を折り曲げて接着して組み立てます。非常に小さいノリシロですが確実に接着しておきます。接着剤をチューブから直接ではなく、つまようじのような先の細いものに少量ずつ取って使うとうまくいきます。
p15083003.jpg

4)車体を折リ曲げて、3)で作った妻面を接着します。
p15083004.jpg

5) バンパー(二つ折りして接着)を妻面に貼り付けます。バンパーは予め妻面に印刷されていますので面倒なら省略してもかまいませんが、付けると立体感が増します。
p15090103.jpg

6) クーラーを箱状に組立てます。
p15090104.jpg

7) Zパンタの各部品を組み立てます。Cパーツはつまようじのような細い丸棒に巻き付けて巻ぐせを付けてから接着すると綺麗に仕上がります。
p15090107.jpg

p15090109.jpg

もし可能ならBパーツの中をカッターで切り抜くとリアルな感じになります。この場合はAパーツを貼らずに、Bパーツ(裏側を黒い油性ペン等で塗っておきます)とCパーツのみで構成します。
p15090108.jpg

8) 車体にクーラーとZパンタを接着します。これで車体はひとまず完成です。

9) 内箱と台車を組立てて、方向を合せた上で内箱の中央に台車(内箱より少し長い)を貼り付けます。
p15090105.jpg

p15090106.jpg

10) 車体に内箱+台車をはめて完成です。必要に応じて内箱を接着してください。(通常は必要ないと思いますが…)
p15090110.jpg

今回は動力化(連辣構造化)を見送りましたが、是非是非、皆様の手でチャレンジしていただきたいと思います。

p15083002.jpg

熊本市電5000形ペーパークラフト(試作版 Nスケール)

久しぶりのスケールものの路面電車です。
実は、リクエストをくれた方も忘れてしまったかも知れませんが、1年少し前にリクエストをもらって作り始めた車輌です。
シブくて良い車輌だと思いますが、画像、情報ともに少なくて、かなり難産しました。何とか連接構造を再現しようと頑張ってみましたが、時間ばかりが過ぎていきますのでここは妥協しました。
p15082701.jpg

p15082702.jpg

展開図を公開する予定です。
写真は試作時(それでもセカンドカットですが…)のものですが、もう少し手直しが必要ですので、今しばらくお待ちください。

はこてつ山陽電車

制作中のはこてつのシールというのはこれ↓ 
p15073101.jpg

p15073104.jpg

車体を見ればバレバレですが、この電車のお膝元のとある百貨店で行われる催事のプレゼント品を作っていたのでした。
考えてみると線画イラストで電車の絵を描くなんて、8年前にこの同じ鉄道会社の百周年イベント用にプラレール車体のペーパークラフトを作って以来のこと。慣れていない上こ、とにかく小さいので強調する部分と簡略化する部分の兼ね合いが非常に難しいてす。小さいし形も単純…と侮ってかかると痛い目に逢います。
でも、少し慣れてくると結構嵌まってしまって頼まれてもいないものもいくつか作ってしまいました...

p15073102.jpg

p15073103.jpg

ところで、このはこてつ、製品版に付属のシールは切り抜き済みでちゃんと折りスジも入っているのですが、それでも正確にシールを貼り付けるのはなかなか難しいものです。予期しない所に貼り付くは、貼り直すと紙が伸びたり…と、結構な集中力を必要とします。ましてやこれが、自分で切り抜くタイプだと...もはや職人技の領域? イベント用とかで何編成も作らないといけないケースなんかを考えるとちょっとゾッとしたりもしますが、そういうケースに対応した究極?の展開図を作ってしまいました~!

p15073105.jpg

純正シールとは似ても似つかない… もはやシールでもなく、はこてつのボディにかぶせて使うペーパークラフトの一種です。カッティングプロッタでの切り出しを前提にしていますので手作業で切り抜くのはちょっと大変ですが、組立は至って簡単! はこてつのボディを型にすれば1両当り1~2分で誰でも正確に組立てが出来ます。
p15073106.jpg

また、普通にペーパークラフトとして遊ぶ時は内箱(インナーフレーム)と紙台車を使うようにしてあります。
p15073107.jpg

ここまで作ってふと気付いたのは、これに連結機構を付けて適当な台車を履かせてやれば、何も製品を買わずとも自作出来るのでは?という悪魔?のささやき。たしかに、はこてつって、元々萌えキャラ由来の製品だったからか、お値段が少々高めなのが難点だと思うんですが、安価な自作車輌が混ぜられるとハードルが格段に下がりそうですね。

自由形単端キハ11の展開図を公開しました!

当プログの数少ない公開展開図である軽便鉄道停留所ペーパークラフトジオラマキットに付属する単端式気動車に別バージョンを追加しました!
p14062502.jpg

このキット、公開して既に3年半が経過しているのですが、海外を含めて今でも少しずつダウンロードされているようです。
ただ、唯一、気がかりなのは、ダウンロードされた展開図がどのように使われているのかさっぱり情報がないことだったのですが、最近になって、自分のジオラマのストラクチャとして使っているとか、車両を改造したとか、コメントをいただくようになりました。
これは、配布者として大変嬉しいことで、すっかり気を良くして、さらに新作の公開を!と考えているのですが、第三者に組み立ててもらえる展開図を作るのはそれなりに時間が必要ですので、まずは組立説明とかが共通の自由形気動車の別バージョンを公開することとしました。

展開図は こちら (約380KB ZIP形式で圧縮されています)

作り方は↓を参考にしてください。
http://peparama.blog22.fc2.com/blog-entry-52.html

車体は以前公開したものですが、今回、軽便気動車にはつきもののデッキ(バケット)のオブジョンパーツも付けました。
この部分だけは上の作り方解説にも説明がありませんので、ここで簡単に説明してきます。

デッキはのりしろなしで紙の断面を接着して組み立てます。
p14062401.jpg

デッキ裏台枠は「コ」字形に曲げてデッキの裏側に接着します。
p14062402.jpg

デッキ手摺りは切り抜き精度を考慮してかなり太めにしてりますが、可能なら細めに切り出した方がリアルに見えます。のりしろをデッキ床面に接着して取り付けます。先に二つ折りにしてから細かい部分を切り出した方が作業が楽です。
デッキの取り付け位置は後部を想定しています。連結器部分を切り取った排障板に貼り付けてから車体に付けます。
p14062601.jpg

p14062603.jpg

デッキを前面に付けたり、台枠を延長せずに連結面を車体側に付けるとか、色々なバリエーションが考えられると思いますので、お楽しみいただけましたら幸いです。
p14062602.jpg

p14062701.jpg

軽便鉄道停留所ペーパークラフトジオラマ本体は↓をご覧ください。
文末に展開図のDL/開設ページへのリンクがあります。
http://peparama.blog22.fc2.com/blog-entry-48.html





花巻電鉄軌道線デハ4形電車ペーパークラフト(HOスケール)

あけましておめでとうございます! 本年もどうぞよろしくお願いいたします。
p14010505.jpg

今年の「工作初め」がやっとこさ出来ました~
年末からお正月にかけてチビチビと作っておりましたが、作品としての完成度はまだまだ初期状態で、HOスケールのくせに幅だけは僅か19mmと、Nゲージに近い工作精度が要求されるのに、展開図の作り込みが足りないこともあって、仕上がりがあんまり綺麗ではありません。まあ、試作品と言うことにしておきたいと思います。

今回は以前作ったペーパークラフトジオラマに載せてみました。
やはり「馬面電車」の特徴が出るのは正面に近いアングルのようですね。
p14010501.jpg

p14010504.jpg

ポールはビーズ手芸に使うTピンの頭を曲げて油性ペンで着書したものです。
p14010503.jpg

p14010502.jpg

次は藁葺屋根の待合所がある明神前電停とか、花巻電鉄固有の風景を作ってみたいものですね~!

« 新しい日記に行く  | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

よっしい

Author:よっしい
写真から作るペーパークラフト=三次元写真模型でつくる「乗り物のある風景」
ちょっと変わった”模型趣味”の世界をご紹介します!
(公開展開図の入手は↓のインデックから)

カテゴリ

インデックス (1)
未分類 (0)
00このブログについて (3)
01作品 (114)
011ペーパークラフトジオラマ (39)
012車両 (50)
013駅舎・建物 (11)
019その他 (13)
02工作 (56)
021クラフトロボ (8)
022レーザ加工機/3Dプリンタなど (9)
03実物 (2)
04イベント (4)
99その他 (26)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも一覧


ホビーショップF-turnブログ ペーパーレイアウトver.2.1?

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん